2016年

あけましておめでとうございます!青木です。

本年も私とマーグラをよろしくお願いします。


年末から年始にかけ
映画『STAR WARS フォースの覚醒』、サッカーの『FIFAクラブワールドカップ』決勝戦、
格闘技の『RIZIN』と話題の作品やイベントに鑑賞、観戦に行ってきました。

多くの人を魅了する、楽しませる、熱狂させるイベントを生で実感する事が出来ました。


その中でSTAR WARSは1回目は3Dで2回目は4DXで鑑賞してきました。
旧作を見返して復習し、アニメで世界を広げ、宇多丸さんのラジオで期待を膨らませてから
鑑賞したのでしばらくは世界観に浸って楽しんでいられそうです。

特に気に入っているのは新キャラクターにより人間味が出ている所と
さも、その世界観を本当にあるかと感じさせる惑星などの細かい設定です。

地球の地理学や文明から想定されたであろう各惑星の詳細を読んでいると
うむうむと納得し、出てくる台詞もないキャラクターの造形にまで
新たな発見を探そうとしている自分がいます。
20160107_starwars.jpg
BB-8はR2-D2よりは頭の柔らかそうなドロイドでした。



もう一つ、上記のイベントとは無関係ですがNHK Eテレで以前やっていた
「浦沢直樹の漫勉」という漫画家の作品の制作過程を垣間見れるドキュメンタリー番組の再放送が観れて良かったです。

特集される漫画家さんとナビゲーターの浦沢さんとの会話と製作中の様子からそのページや一コマ、表情の一つ一つから
漫画家さんの想いやメッセージが分かり、とても勉強になります。

ちょっとした制作の手順からも自分の仕事にも活かせそうなヒントが詰まっていてとても面白い試みだなと思いました。
仕事に求められる事は違いますが誌面を制作する事は同じなのでデザインの仕事をされている方も
必見の番組かと思います。

自分は以前パイロット版でかわぐちかいじさん等の回を観たのですが
シーズン1は東村アキコさん、藤田和日郎さん、浅野いにおさん、さいとう・たかをさんでした。

ゴルゴの眼しか描いてないという都市伝説があるさいとう先生の現場を観れたのは貴重でした!
しかし、下書きをしなかったり修正液を乾かすのにたばこを使っているのには衝撃を受けました。(笑)
http://blog-imgs-90.fc2.com/m/a/h/mahgra6650/20160107_starwars.jpg20160107_manben.jpg
3月にはシーズン2が放映される様で楽しみです。


たくさんの事を観たり聞いて感動し自分の世界を広げていければと感じた年末年始でした。

2016年を迎えて1回目のブログでしたが最後まで読んでいただきありがとうございます!